【ヘアメイクの道1】作品撮り(テストシュート)のメンバーの見つけ方を教えます。

こんにちは。

ヘアメイクで現代アーティストのLimoです。

 

✔︎作品撮り(テストシュート)したいけど、メンバーはどうやって見つければいいの?

✔︎どんなテストシュートをしたらいいの?

✔︎テストシュートの費用って、いくらかかるの?

こういった疑問に答えます。

 

 

今回『テストシュートのメンバーの見つけ方』を解説いたします。

この記事を書いているLimoは、

 

ハリウッド帰りのヘアメイクで、20年近くヘアメイクとして活動しています。

アメリカ・日本、どちらでもテストシュートを盛んにしていました。

年に10本以上はテストシュートしていた時期もあります。

 

こんなLimoがテストシュートについて、説明してきます。

テストシュートの必要なメンバー

自分がヘアメイクだったとしたら、

テストシュートで必要なメンバーは

最低でも、

モデル

フォトグラファー

です。

 

ビューティ撮影。
バストアップで素肌の場合以外は、
できれば、スタイリスト・衣装さんがいた方がクオリティーが上がります。

企画によっては、

その他、

イラストレーター

レタッチャー

グラフィックデザイナー

などが加わると面白い作品になります。

このあたりは企画次第です。

 

自分で撮影しちゃうヘアメイクさんもいますが、
Limoはフォトグラファー さんと一緒に作品撮りをすることを強くお勧めします。

その理由はこちら

note(ノート)

こんにちは。 ヘアメイクで現代アーティストのLimoです。 ✔︎作品撮り(テストシュート)したいけど、メンバーはどう…

 

 

すでにあるテストシュート企画に参加する。

テストシュートの経験が少ない場合は、

誰かが企画したテストシュートに参加する

が一番簡単です。

 

Maskくん
とは言っても、どうやったら、テストシュートのお声がかかるの?

 

テストシュートに声をかけられるようにするには、実はとても簡単です。

それは、

公言するだけです。

『テストシュートがしたい』

どんどんまわりに言う・SNSで発信する

それだけです。

 

SNSで探す

テストシュートしたくて、ヘアメイクを探しているフォトグラファーは、いっぱいいます。

テストシュートの情報を自分から探しましょう。

業界のパーティに参加する

制作会社などのパーティに積極的に行きましょう。

そこで知り合った業界の人々に

自分はヘアメイクで、テストシュートがしたいこと

を伝えましょう。

 

忘れずに連絡先を交換して、

あとで、FBやインスタグラムをフォローして、繋がりましょう。

業界の知り合いをどんどん作れば、それだけ、テストシュートに誘われる確率は上がります。

 

フォトグラファー・スタイリスト・衣装さんの見つけ方

紹介

あるいは、

仕事場で仲良くなって、テストシュートの流れが多かったりします。

まだ仕事をしていない場合はどんどんアシスタントで、現場にいきましょう。

アシスタントをする

若手のヘアメイクさんはどんどん他のヘアメイクさんのアシスタントをして、

業界の知り合いを増やしましょう。

 

まずは、経験のあるヘアメイクさんにテストシュートをしたいことを伝えましょう。

そのヘアメイクさんがいけない時に、テストシュートの話を回してくれる場合が多いです。

 

あと、同じアシスタント同士が狙い目です。

特にフォトグラファー のアシスタント・スタジオマン。

 

現場の上のヘアメイクさんに了解をとって、

このあたりの人材とひっそり連絡を交換をしましょう。

他のスタッフと連絡先を交換しておけば、後からお声がかかる可能性は高いです。

あとで自分からテストシュート の計画を持ちかけましょう。

 

 

撮影現場でヘアメイクのアシスタントが他のスタッフに積極的アピールしすぎると、

上のヘアメイクさんに嫌がられますし、迷惑がかかります。

(日本の場合、仕事の現場で、ヘアメイクのアシスタントが他のスタッフと連絡先を交換するのを、嫌がるヘアメイクさんもいるので、細心の注意を心がけてください。)

SNSやマッチングサービスで探す

今はSNSで簡単に繋がれる時代です。
気に入った作品のフォトグラファー にDMしてみてください。

えっ、そんな勇気がない?

自分に置き換えて考えてみてください。

『インスタみました。ヘアメイクの作品どれも素敵です』

『今度、一緒にテストシュートしませんか?』

って、知らない相手からDMもらったら、嬉しくないですか?

 

売れっ子で、多忙なフォトグラファー以外は、

ほとんどのフォトグラファーが喜ぶと思いますよ。

 

とはいえ、どうしても、

SNSでDMする勇気がないって方は、

 

マッチングサービスを利用してください。

アメリカではこれも主流でした。

今は日本でもいろいろサービスがありますよね。

便利になりました。

 

何かと心配なら、ヘアーとメイクを友達と分業して、2名で行動してみてください。

ひとりでは怖いけど、ふたりなら大丈夫な場合は多いです。

 

モデルの見つけ方

モデル事務所に借りる

一見、ハードルが高そうですが、絶対にチャレンジしてみてください。

 

事務所に所属しているモデルさんは容姿やスキルも素人さんとは別格です。

ヘアメイクのブックって、

モデルさんの質が大きく影響するのは、みなさん感じているところだと思います。

事務所所属のプロのモデルさんを無料でお借りする方法はnoteにまとめました。

note(ノート)

素敵なモデルさんでテストシュートしたいけど、どうやったら、事務所(モデルエージェント)からモデルさんを無料で借りること…

モデル事務所の担当者もビジネスですから、自分たちに有益ではないと判断されたら、

断るケースもあります。

しかし、担当者も人間です。

頑張っている人は応援したいものです。

最初は無理でも、どんどんスキルをあげて、成長すれば、必ず認めてくれるタイミングがきます。

また、

自分が駆け出しだとしても、

他のメンバー(特にフォトグラファー)のスキルが高ければ、

簡単にプロのモデルを無料で借りることができます。

駆け出しのモデルを見つける

まだモデル事務所に所属していないモデル志望を見つけるのも一つの手です。

演劇系のスクール・ウォーキングレッスン・ダンス系などにいたりします。

今はSNSで見つけるのが、簡単ですね。

 

仕事場で見つける

ある程度、仕事が回るようになると、実はこのパターンが一番多いです。

ヘアメイクの仕事はモデルさんと距離が近いので、モデルさんと仲良くなりやすいです。

 

その日のヘアメイクだけではなく、自分のキャラを気に入ってくれたら、

モデルさんの方から、

『今度テストシュートがあったら、モデルで呼んでください』

って頼まれるようになります。

必ず、連絡先を交換しておきましょう。

 

基本的にモデルさんはどんどん自分の写真をアップデートしたいので、作品撮りが必要なんです。

ビビっときたモデルさんと一緒の現場になったら、

テストシュートしないか?声をかけてみてください。

 

まとめ

今回は、テストシュートのメンバーの見つけ方を解説しました。

まずはテストシュートの仲間を作ることが大切です。

今からすぐできることは、

自分がテストシュートしたいこと

『公言する』

『SNSで発信する』

です。どっちも無料です。

そして、テストシュートのお誘いは必ず受けることです。

一度仲間ができれば、雪だるま式にテストシュートのお誘いが舞い込んできます。

 

テストシュートは仕事と違ってまた違った楽しさがあります。

ぜひ、どんどん挑戦してみてください。

Limo

 

P.S

Limoのヘアメイク・現代アーティストのアシスタントにご興味ある方、お気軽にお問い合わせください。

その際、自分が何者で、

何がしたいのか?

Limoにどうして欲しいのか?

詳しく教えてください。

 

事務所所属のプロのモデルさんを無料でお借りする方法はnoteにまとめました。

note(ノート)

素敵なモデルさんでテストシュートしたいけど、どうやったら、事務所(モデルエージェント)からモデルさんを無料で借りること…

 

プロのフォトグラファーと作品撮りする方法はnoteにまとめました。

note(ノート)

こんにちは。 ヘアメイクで現代アーティストのLimoです。 ✔︎作品撮り(テストシュート)したいけど、メンバーはどう…

 

最新情報をチェックしよう!