【プロが教える】お風呂でのNG洗顔方法。続けるとシミが増え、潤いも失われます。

 
何も考えずに、お風呂で顔洗ってたけども。
 
む!

こんにちは。元ナースでヘアメイクLimoです。

みなさま、何気なくお風呂で顔を洗ってませんか?

その洗顔でお肌を痛めているかもしれないですよ。

さて、今回はお風呂でやってはいけないNG洗顔方法をお伝えします。

無料で今日から取り入れられる方法なので、是非、お試しあれ。

熱いお湯を使う。

高い温度のお湯で洗顔すると、

皮膚に本来備わっている保湿成分や油分も流されて、

乾燥肌、敏感肌の原因になっちゃいます。

少し冷たく感じる温度(20〜25度)が理想です。

Limoは肌の調子が悪い時は必ず、少し冷ためのお水で洗顔するようにしています。

圧強めのシャワーで流す!

シャワーの水圧も肌にとっては刺激です。

ついつい、気持ちが良いので、やりがちですが、お肌のためには我慢をしましょう。

添加物入りクレンジング剤や洗顔フォームを使う

これはお風呂の洗顔だけではなく、日常的なことですが、

クレンジング剤や洗顔フォームの成分である合成界面活性剤は、

皮膚がもっているバリア機能を破って、皮膚の構造を壊してしまいます。

結果、皮膚内の水分が蒸発して、肌が乾燥しやすくなります。

クレンジング剤はナチュラルオイルで代用できますし、

洗顔フォームは天然の油脂から作られた石鹸を使うことをオススメします。

ゴシゴシと摩擦洗顔

ご存知の通り、ゴシゴシこする摩擦は皮膚に大敵。

シミの原因にもなります。

洗顔の時、そしてタオルで拭く時も摩擦を最小限にしましょう。

シミはお肌に刺激を与えることで濃くなり、刺激をやめると薄くなっていきます。

ついついしっかり洗いたくなるキモチはとっても分かります。

でも、泡立てた石鹸の泡をお肌につけるだけで、

吸着成分が汚れを落としてくれので、それで十分です。

泡だけがお肌につくように優しく洗いましょう。

シャンプー、リンス、トリートメントが顔にかかっている

市販されている多くのシャンプー類は強い洗浄成分が含まれていて、

顔の皮膚には強い刺激です。

そして、一度皮膚についてしまうと、洗顔したとしてもしばらく取れにくいという性質があります。

トリートメントが原因で、背中や胸のニキビが治らないこともよくあります。

シャンプー類は顔にかからないように、後ろ重心の体勢で洗髪しましょう

もしくはシャンプーをやめて、固形石鹸の洗髪にしてみましょう!

肌にも髪の毛の健康にも石鹸洗髪はとても有効です。

 

まとめ

常識的なことばかりですが、振り返ると、案外できていない事あったかと思います。

Limoはシャワーの圧、ゴシゴシ洗顔をやめたら、シミが薄くなってきましたよ。

お風呂での洗顔では

  1. 冷たさの感じるお湯で顔を流す。
  2. シャワーを直にあてない。
  3. 固形石鹸で泡立てて洗顔
  4. 摩擦を極力減らす。
  5. シャンプーは後ろ重心の体制で!

何歳からでも遅くないので、日々の生活習慣を見直して、

無理せず、楽しみながら、いっしょに美肌活動していきましょう!

最新情報をチェックしよう!