看護師を目指した最大の理由『好きを仕事にしない』

ヘアメイクで元美容皮膚科ナースのLimo(@Limopiece)です。

看護師って憧れから目指す人が多い職業です。

しかし、

私Limoの場合、看護師を目指した最大の理由。

それは、

『好きを仕事にしない』

という考えからでした。

 

学生時代のLimoは、

好きなことを仕事にしたら不幸になりそう・・・・

とさえ、感じていました。

 

そんなふうに感じた理由をまとめてみました。

✔︎ 理想と現実のギャップで挫折しそう。

✔︎ 好きなことを仕事に出来るほど、人生甘くない。

✔︎ 好きなことでも、毎日していたら、嫌いなことになりそう。

✔︎ 仕事にしたいほど、好きなことが見つかる気がしない。

詳しく説明しますね。

 

 

理由其の1:理想と現実のギャップで挫折しそう。

Photo:Yoko Moromoto

憧れている時って、盲目になっている気がするんですよね。

物事の表にしか目に入らないというか。

どんなに憧れる職業だとしても、

『こんなはずじゃなかった』

っていう、業務や瞬間って絶対来ると思うんです。

 

その時、好きな仕事だと、それだけ、ギャップで打撃を喰らいますが、

もともと、それほど好きな仕事じゃなければ、割り切れるような気がしていました。

 

なので、Limoはあえて

『好きを仕事にしない』

という考えになっていました。

理由其の2:好きなことを仕事に出来るほど、人生甘くない。

Photo:Yoko Moromoto

好きなこと=趣味

何かの役に立ってお金を生む=仕事

との感覚があったLimo。

 

好きなことは趣味としてやれば良いし、趣味と仕事が両立するほど、世の中甘くないって感じてました。

自分の何かを捧げて、我慢して、

それが労働というもの。

大人というもの。

なんて人生って退屈なんだ。

でも、仕方がない。

生まれてきてしまったし、自分から死を選ぶほど、勇気もない。

そんな感じでした。

理由其の3:好きなことでも、毎日していたら、嫌いなことになりそう。

Photo:Yoko Moromoto

幼い頃から飽きっぽかったLimo。

『いくら好きなことでも、毎日繰り返ししてたら、飽きるに決まっている。

そして、そのうち嫌いになっちゃうかも』

そう思っていました。

 

そして、仕事って、実生活に直結してますよね。

『飽きたから辞めます!』

ってわけにいきませんよね?

なので、最初から興味がなければ、飽きるとか関係ないって考えました。

 

 

たまに

『〇〇を毎日していてもずっと好き』

って発言している人が羨ましくって仕方がなかったんですよね。

 

今振り返ると、飽きっぽいのは、ただ単にLimoはマルチ・ポテンシャライトだっただけなんですが、

Limoの学生時代にはそんな思想はなかったので、非常に生きずらかった。

 

そんな方にオススメなのが、こちらの本。

『マルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法』

 

今は飽きっぽいのを強みにして、いろんなことにトライする自分らしい人生を歩んでいます。

 

本を読むのが苦手な方はYouTubeでの書評がオススメです。

本当に学ぶことに対して、便利な世の中になりましたよね。

 

理由其の4:仕事にしたいほど、好きなことが見つかる気がしない。

Photo:Yoko Moromoto

 

もともとあまり好きな事も特技もなかった学生時代のLimo。

『仕事にしたいと思えるほどの好きなことなんて、自分には見つかるはずがない』

って、心の底から諦めにも似た境地でした。

 

だったら、好きなこと探しは時間の無駄なので、自立できるような職業につこうとシンプルに考えました。

まとめ

Photo:Yoko Moromot

看護師を目指した最大の理由

『好きを仕事にしない』

✔︎ 理想と現実のギャップで挫折しそう。

✔︎ 好きなことを仕事に出来るほど、人生甘くない。

✔︎ 好きなことでも、毎日していたら、嫌いなことになりそう。

✔︎ 仕事にしたいほど、好きなことが見つかる気がしない。

でした。

 

結局、看護師の仕事は長続きせずに、

転職して、ヘアメイク→現代アーティスト

と自分の気持ちと衝動に従って行動してみました。

 

今は看護師をしていた時のようなモヤモヤした感覚はなく、

すっきりと自分の人生に向き合うことができました。

 

人生に『if 』はありませんが、

あのまま安定を求めて、ずっと看護師していたら、こんな自分はいなかったのは間違いないですね。

適職探しには、こちらの本がオススメです。

自分の適職を探すために、読むのをオススメする本はこちら

『科学的な適職』

 

本が読むのが苦手な方は、YouTubeの要約チャンネルがオススメ

 

 

 

本日ご紹介した本はAmazonでサクッと購入できます。

 

 

 

そうそう、

看護師って、憧れから目指す人が多いんですよね。

 

看護学生時代、そして看護師時代と

ナースになる夢を叶えた人々に囲まれながら、看護師の中ではマイナー人種の私Limoの苦悩と困惑の日々は

他の記事にしたいと思います。

 

 

 

その他、看護師の道を選んだ理由はこちらにまとめました。

要約

✔︎ 就職・転職に困らなそう。

✔︎ 医療の知識は実生活でも役に立ちそう。

✔︎ 医療系の職業の中で、学費と学力のハードルが低かったのが、看護師

✔︎ 不得意を仕事にしたら、自分に自信がつくかもしれないとの願い

 

詳しくはこちら

関連記事

ヘアメイクで元美容皮膚科ナースのLimo(@Limopiece)です。   看護師って憧れから目指す人が多い職業です。 しかし、 私Limoの場合は憧れて、看護師になったわけじゃありません。 &nbs[…]

 

 

この記事がどなたかのお役に立てたら嬉しいです。

Limo

 

 

 

最新情報をチェックしよう!