ヘアードネーション 体験記

ヘアメイクで元美容皮膚科ナースのLimo(@Limopiece)です。

 

 

『ヘアードネーション って何?』

『ヘアードネーション 興味あるけど、どうやってやるの?』

『ヘアードネーション って意味あるの?

 

そんな方に向けて、

Limoが2年半伸ばした髪の毛を寄付した話をまとめました。

 

JHD&C(ヘアードネーションのNPO法人)

ヘアードネーション を受け付けている団体はネットで調べると、何個か見つかりました。

その中で、Limoが選んだのは、

JHD&C(ヘアードネーションのNPO法人)

寄付された髪だけで作ったメディカル・ウィッグを頭髪に悩みを抱える18歳以下の子どもたちに完全無償提供している日本で唯一のNPO団体とのこと。
Japan Hair Donation & Charity

Japan Hair Donation & Charity(通称:JHD&C,ジャーダック)は、寄付された髪だけで作った…

 

理由はホームページが一番分かりやすかったので、決めました。

 

団体によって賛同サロンや寄付する髪の毛の条件が変わってきます。

 

賛同サロンにて髪の毛をカット

画像1

賛同サロンは、

JHD&C(ヘアードネーションのNPO法人)

のホームページの探索で簡単に見つけることができます。

こちら

Japan Hair Donation & Charity

JHD&Cの活動に賛同し、協力に同意してくださった理美容室を「JHD&C賛同サロン」と呼びます。ここでは、JHD&Cの規…

 

 

賛同サロンでなくても、

行きつけのサロンや自分でカットでもOKとのことですが、

切り方にコツが必要だったり、

自分で髪の毛を送る必要があったり、

と若干、手間に感じました。

 

なので、Limoは近所の賛同サロンにて髪の毛を切りました。

 

カット代は必要です

髪の毛を送るのはサロンがやってくれます。

 

サロンから髪の毛を送った場合はJHD&Cからの「受領証」は受け取ることができないとのことです。

 

適した髪の毛の条件は

画像4

 

適した髪の毛の条件は以下になります。

✔︎ 31cm以上の長さがあること

✔︎ カラー、パーマ、ブリーチヘアでもOK

✔︎ 完全に乾いていること

 

Limoは2年半伸ばしていたので、

33センチから36センチの髪の毛

を寄付することができました。

協会によっては、カラー、パーマ、ブリーチなどはNGのところもあります。

寄付したい協会の髪の毛の条件の確認が必要になります。

 

31センチ未満は寄付はできなくなりました。

画像2

髪を切ってくれた美容師さんの話によると、

以前は20センチ〜31センチ以下でも、髪の毛を寄付することは可能でしたが、

2020年6月1日(月)以降は、31センチ以下の髪の毛の受け入れを停止しているとのことです。

 

20センチ〜31センチ以下の髪の毛は
ヘアケア用品の開発に不可欠な「評価毛」、

もしくはカットマネキンの素材として転売することで役立ていたそうですが、

現在は、医療用のウィッグに力を入れるために、31センチ以上の髪の毛を必要としているそうです。

 

ヘアードネーション の髪の毛は捨てられてる?

ヘアードネーションについて調べていると、

『髪の毛が沢山送られすぎていて、ほとんど捨てられている現状がある』

とか、

『髪の毛を寄付することで、人毛の値段が下がり、髪の毛を売ることで生活している貧しい国の人々を逆に苦しめる結果となる』

などが書かれてありました。

 

ですので、

『ヘアードネーション をするのはあまり意味がなく、本当に髪の毛で困っている人を助けたいのであれば、募金した方が良い』

というような内容も書いてありました。

 

それでLimoも一瞬、寄付するの悩んだ時期がありました。

 

まとめ

ヘアードネーション についてのまとめ

✔︎ ヘアードネーション協会がある。

✔︎ 必要とされている髪の毛の条件は協会によって違う。

✔︎ 髪の毛は、自分でカットするでもOK。

✔︎ 手間を減らしたいのであれば、賛同サロンでカットするのがオススメ

✔︎ 賛同サロンでカットする場合は、カット代がかかる

 

人毛ウィッグってお値段がお高いので、自分の寄付した髪の毛がウィッグとして生まれ変わり、ウィッグを必要としている方にお届けできることは、素直に嬉しいことです。

 

自己満だとかネガティブな意見もあり、賛否両論ですが、

ヘアードネーションが無意味だと感じる方はしなければ良い。

それだけの話のようにも感じます。

 

Limoはヘアメイクという仕事柄、ウィッグにはよくお世話になっているので、

何かしら、ウィッグ業界にできることをしたいという気持ちから、ヘアードネーション をやってみました。

 

いろんな人がいて、いろんな側面があるので、何事も一方向の良い悪い論では、片付けられないですね。

 

この記事がどなたかのお役に立てたら嬉しいです。

Limo

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!