【中学受験は必要?】日本大好きな娘が海外留学を考え始めた理由。

こどもにとって、海外留学って凄い良い経験になると感じているLimo。

世界を舞台として生きるには、まずは『英語が話せる』って、大きな違いです。

同じアーティスト仲間でも、『英語ができない』との理由で、海外のアートコンペのチャレンジを見送っている方がいます。

非常にもったいない。

 

娘には学生のうちに海外留学を経験して、英語やグローバルな感覚を身につけてほしい。

そう思って育ててきましたが、Limo娘は日本大好きっ子。
留学反対派でした。

しかし、そんなLimo娘が海外留学を考え始めた理由。

それは『収入格差を知った』ことです。

そのことを具体的にお伝えします。

 

日本が大好きな理由

まずは娘が日本を好きな理由を聞いてみました。

娘はアメリカとベトナムに行ったことがあります。
その経験から日本が以下の点で優れているので、ずっと暮らしたいと感じたそうです。

【日本好きの理由】

安全、銃社会でない

お寿司が美味しい

公衆トイレが綺麗

だから、このまま日本で進学がしたいというのが、娘の主張でした。

確かに良いところついてます。この3つが揃う国って日本だけかもしれませんね。

しかし、娘の夢は、

広い注文一戸建てに住むこと。
そのためにもしっかりと稼ぐ人間になること。

です。

果たして、このまま娘の主張通り、
日本の大学を卒業して、就職したとしたら、その夢は叶うのでしょうか?

日本の卒業大学別、平均年収

調べてみました。日本の卒業大学別、平均年収。
結果はこちら。↓

【1位】東京大学(729万円)
【2位】一橋大学(700万円)
【3位】京都大学(677万円)
【4位】慶應義塾大学(632万円)

日本で一番の大学である東京大学卒業でも、平均年収792万円ですね。
もちろん年収としては、高い方ですが、夢があるかと言われると、若干寂しいですね。

(そもそも、東京大学も世界的にみたら、36位の大学なんですよね)

参考サイト

キャリアデザイン情報局

出身大学別学歴別の平均年収徹底調査!!あなたの母校の年収は? 以下は、パーソルキャリア(旧・インテリジェンス)が運営する…

 

高校生新聞オンライン

【2020年9月発表の最新版はこちら】THE世界大学ランキング2021日本から116校がランクイン【一覧掲載】英国の教育…

 

娘が希望している大学卒業の平均年収

Limo娘は自分が通いたい中学校の特徴がはっきりしています。

【Limo娘の中学への希望】
①制服がない
②大学付属の中学校

②大学付属の中学校というのは、今後受験勉強に時間を使いたくないという理由からです。

すると、

慶應か成城学園などが都内だと候補に上がります。

どちらも中学受験において超難関校されています。

2校の卒業生の平均年収を調べてみました。

慶應義塾大学:年収632
成城学園:年収468

私が大学病院手術室で働いて、2年目で年収550万円前後でした。

そう考えると、中学校から毎月高い学費を払い続けて、大学までのエスカレーター的な学校に入学するメリットって、年収から考えると、コスパが悪いとしか言いようがありません。

(もちろん、お金以外にも学校には、その他違ったさまざまな魅力があるのは当然ですが、あくまでも年収からみた話です。)

そして、
年収400〜600万で、娘の夢である都内に大きな注文一戸建て住宅って購入できるでしょうかね

どの価格帯の住宅を購入したいのか?
配偶者の有無や配偶者の年収

によっても、
その夢は叶えられるのか?変わってきますが、娘の自力のみで考えた場合、

難しいというのが、現実じゃないでしょうか?

 

留学経験者が、留学未経験者より年収が高い

一生懸命勉強をして、高学歴を手に入れたとしても、最高でも平均年収700万円代。

現在、Limo娘が希望しているコースだとしたら、年収400万〜600万円。

このままでは娘の夢である。
都内で広い注文一戸建てに住むこと。は非常に難しいです。

 

では、どうやったら、それ以上の収入になれる可能性があるでしょうか?

一つの方法は留学です。

留学を経験すると、年収の高い仕事につきやすいという傾向があります。

留学経験者は、留学経験がなく国内大学を卒業した人に比べ、就職後の年収が男性で平均70万円、女性で同109万円多いことが、明治大の横田雅弘・国際日本学部長(教育学)らのグループの調査で分かった。と発表されています。

留学をすることで、年収があがる。

実は「語学力」だけが理由ではないんです。

留学で身につく能力

留学経験者の年収が上がる理由には、「語学力」という面ではなく、その他の「異文化対応力」「コミュニケーション能力」「柔軟性」 などが大きなポイントです。

上記の調査によると、留学により向上した能力には、

「異文化対応力」(93%)、
「語学力」(92.3%)、
「コミュニケーション能力」(88.4%)、
「柔軟性」(85.8%)、
「忍耐力」(79%)など

日本の教育環境では、なかなか得られることのできない能力が留学することによって、身につきます。

そして、この能力はこれからグローバルな世界で働いていく上で、武器になっていくことは間違いありません。

 

外資と日本の企業の年収の違い

外資の平均的な年収は800万円ほどと言われています。

日本企業の平均400万円の2倍にあたります。

留学経験があって、語学が堪能であれば、外資系に勤められる可能性は上がります。

 

外資系企業といえば「年収(給料)が高い」「成果主義」といったイメージを持つかと思います。そこで、外資系企業に転職、就職を…

転職鉄板ガイド

”外資系企業”と聞くと、「世界的なエリート企業」「グローバルに活躍出来る」「給料・年収が高い」など、優れた企業といったイ…

 

中学・高校・大学、ずっと日本の教育環境で良いの?

どこで誰にどんな教育を受けるのかって、とても大切ですよね。

Limoは日本の4年生大学と、アメリカの2年生大学を卒業しています。

どっちも体験したLimoとしては、

ずっと日本の教育環境に染まると、英語に苦手意識がつくだけではなく、
視野が狭く、思考が硬くなってしまう傾向があると感じます。

 

海外で様々な人種の学生と学ぶことは、とても貴重な経験です。
新しい事に臨むチャレンジ精神やアイディアの提案力が身につきやすく、柔軟な考え方が身につきます。

また、日本国内で働くとしても、外国人労働者が増えていたり、社内公用語が英語だったり、異文化適応能力は今後ますます必要とされる力になります。

世の中に必要とされる人材であれば、年収も上がる傾向があります。

 

その事実を娘に伝えた結果。

『稼げるようになるんだったら、留学したい』

と気持ちが変わったようです。

Limoが考える留学以外で年収を上げる可能性がある中学進学を以下にまとめました。

関連記事

こんにちは。現代アーティストのLimoです。 子どもの【中学受験は必要?】中学受験の費用対効果を考えてみる と言っても、細かい数字を比較するような内容ではないです。 数字はざっくりどんぶり勘定です。 5年先が見えない[…]

 

まとめ

日本大好きな娘が海外留学を前向きに受け入れた理由。

『収入格差を数字できちんと教える。』

です。

海外留学が年収をあげる上で、効果的である事実を伝えたことで、
前向きに留学を捉え始めました。

 

高学歴で一流の企業に勤めたとしても、安定した生活が保証されない時代になってきました。

どんな環境でもたくましく生き抜いていける娘になってほしい。

『語学ができない』『環境の変化に不柔軟』という理由で、今後の選択肢を狭めないためにも、こどもには海外留学という進学も視野に入れたいと、考えています。

今回の参考リンクのまとめ

ダイヤモンド・オンライン

卒業生の年収が高い大学ランキング・ベスト30を発表!就職・転職のためのプラットフォーム「OpenWork」が、年収データ…

高校生新聞オンライン

【2020年9月発表の最新版はこちら】THE世界大学ランキング2021日本から116校がランクイン【一覧掲載】英国の教育…

キャリアデザイン情報局

出身大学別学歴別の平均年収徹底調査!!あなたの母校の年収は? 以下は、パーソルキャリア(旧・インテリジェンス)が運営する…

外資系企業といえば「年収(給料)が高い」「成果主義」といったイメージを持つかと思います。そこで、外資系企業に転職、就職を…

転職鉄板ガイド

”外資系企業”と聞くと、「世界的なエリート企業」「グローバルに活躍出来る」「給料・年収が高い」など、優れた企業といったイ…

 

関連記事

こんにちは。現代アーティストのLimoです。 子どもの【中学受験は必要?】中学受験の費用対効果を考えてみる と言っても、細かい数字を比較するような内容ではないです。 数字はざっくりどんぶり勘定です。 5年先が見えない[…]

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!