【おふろcafé bivouac(ビバーク)】◎平日限定お食事チケットはコスパ最高すぎる!

ヘアメイクで現代アーティストのLimo(@Limopiece)です。

 

おふろcafé グループの一つ。

【おふろcafé bivouac(ビバーク)】に行ってきました。

古い温泉施設をリノベーションして、

アウトドア・キャンプをテーマに、オシャレお風呂屋さんに生まれ変わった施設

 

お風呂やサウナだけではなく、

充実した休憩所の方が目玉っぽい。

 

その他、

レストラン

漫画スペース

フリーコーヒー

コワーキングスペース

バー

ボルダリング

キッズスペース

などなど

丸一日楽しく過ごせました。

 

ざっくり全体の感想

休憩スペースのグランピング雰囲気と外気浴スペースのととのいリクライニング椅子も最高!!!!

◎まさに温浴施設コミュニティー。グランピング風の居心地が素晴らしい

◎バランスが絶妙。特に家族連れ・カップルにはオススメ

◎平日限定お食事チケットはコスパ最高すぎる!

 

そんな感じでLimoの率直な感想は

『近所に住んでたら、ヘビーユーザー間違いなし。。。』

でした。

 

感想をもうちょっと詳しく書きますね。

◎まさに温浴施設コミュニティー。グランピング風の居心地が素晴らしい

どちらかと言うと、キャンプは苦手なLimo。

行く前までは、

サウナとキャンプの組み合わせに魅力を感じてはいませんでした。

でも、実際に行ってみると・・・・

面白い。

 

いろんなところにそれぞれオリジナルなキャンプ風休憩スペースがあって、それが謎に落ち着く。

自分だけの『アジト感』

があって、

空間の大きさや柔らかさが心地よい。

 

平日だったためか、混雑もなく、贅沢な空間の使い方ができました。

週末は混雑してしまうとのことなので、もうちょっと快適度は下がっちゃうかもしれません。

 

本当のキャンプだと、お風呂がなかったり、虫が出たり、食事を自分で作ったり、

結局ゆっくりできなくって、疲れてしまう。

 

でも、

【おふろcafé bivouac(ビバーク)】なら、

アウトドア雰囲気の良いところだけ味わえて、

疲れをリフレッシュできます。

 

そして、帰宅が面倒になったら、お泊まりまでできてしまう。

最高の場所です。

 

◎バランスが絶妙。特に家族連れ・カップルにはオススメ

グランピング風休憩スペースはお洒落感に包まれているのに、

それに対して、

トイレやお風呂スペースはまんま昭和レトロで古さ炸裂。

そのギャップは違和感を覚えるほど。

 

ですが、

◎泥パック

◎サウナは綺麗に整備

◎ととのい椅子がリクライニング

◎子供用お風呂に大量のアヒル

◎プライベート感のある休憩スペース多数

など、他にもワクワクする工夫があります。

 

 

充実したキッズルーム・ボルタリング・ストレッチクラスなど

運動ができるスペースがあるのも、非常に嬉しい。

 

素晴らしかったのは、

漫画のみならず、雑誌の充実度。

そして、無料のコーヒーと選べるフルーツウォーター!!!!が最高でした。

 

18歳以下は入場禁止エリアがあったりなど、

家族にもカップルにも居心地の良い、バランスのとれた空間を提供して、感心するばかり。

 

◎平日限定お食事チケットはコスパ最高すぎる!

平日限定のようですが、

入館料にプラス200円でしっかりしたお食事と飲み物+ソフトクリームって、

コスパ最高すぎるプランがあります。

正直、つけない手はないのでは????

レストランの価格も無駄に高すぎることもなく、
お味もなかなか悪くない。
メニューも工夫してあって、食べ

てみたいお料理が多数。

レストランもスペースに余裕があって、雑多な感じは全くなく、居心地がいいです。

まとめ

休憩スペースのグランピング雰囲気と外気浴スペースのととのいリクライニング椅子も最高!!!!

 

◎まさに温浴施設コミュニティー。グランピング風の居心地が素晴らしい

◎バランスが絶妙。特に家族連れ・カップルにはオススメ

◎平日限定お食事チケットはコスパ最高すぎる!

 

そんな感じでLimoの率直な感想は

『近所に住んでたら、ヘビーユーザー間違いなし。。。』

 

正直、いつも通っているサウナよりも全てにおいて、上のランクを行ってます。

 

そして、お台場にある大江戸温泉物語よりも

おふろcafé bivouac(おふろカフェ ビバーク)

に行く価値があると思います。

 

現在、6店舗ある『おふろcaféグループ』の他の施設も行きたいところです。

Limoの温浴旅はまだまだ続きます。

Limo

 

施設情報

おふろcafé bivouac(おふろカフェ ビバーク)
住所 埼玉県熊谷市久保島939
TEL 048-533-2614
営業時間 10:00~翌朝9:00 (23H営業)
※深夜2:00~5:00の間は、浴室清掃のためご入浴いただくことができません。
その他の時間はご利用いただけます。
定休日 不定期 (休館日に関しましてはホームページ、電話にてお問い合わせください。)
公式HP https://ofurocafe-bivouac.com/

■利用料金
【フリータイム入館(※館内着・タオル付き)】
(10:00~翌5:00受付)
<平日>
大人 (中学生以上)1,518円、小人 (小学生)759円、未就学児 (小学生未満)429円
<土日祝> 大人 (中学生以上)1,628円、小人 (小学生)869円、未就学児 (小学生未満)539円
※深夜追加料金 1,320円 ※18歳未満・高校生は保護者同伴
※未就学児のお子様の館内着のご用意はございません。予めご了承くださいませ。

【銭湯コース(※館内着・タオルなし)】
(11:00~26:00 受付終了25:00)
<平日>
60分 大人 473円、小人 220円、未就学児 110円
90分 大人 583円、小人 275円、未就学児 165円
120分 大人 693円、小人 330円、未就学児 220円
<土日祝>
60分 大人 583円、小人 330円、未就学児 220円
90分 大人 693円、小人 385円、未就学児 275円
120分 大人 803円、小人 440円、未就学児 330円

【朝風呂】(※館内着・タオルなし)
(5:00~9:00受付終了8:30)
<平日>
大人 473円、小人 220円、未就学児 110円
<土日祝>
大人 583円、小人 330円、未就学児 220円
<タオルセット>220円
<館内着セット>220円

※当館指定の期間は料金が異なることがございます。詳しくはホームページをご確認ください。

 

■アクセス

電車・バス・車
JR高崎線 熊谷駅よりバス(国際十王交通の深谷 駅行き)35分 高柳バス停から徒歩5分
関越自動車道東松山ICより 約25分 花園ICより約20分

※2018年2月28日をもちましてJR高崎線熊谷駅無料シャトルバスによる送迎サービスを終了いたしました。
※詳細は店舗にお問い合わせください。

駐車場
あり

最新情報をチェックしよう!