【月経カップ】サウナ女子じゃなくても、試さなければ、損レベルです。経血の憂鬱さが激減します。

こんにちは。

元看護師でヘアメイクのLimoです。

 

ずっと気になっていた
『月経カップ』

やっと重い腰を上げて、試してみることにしました。

 

試してみたら、早く導入すれば良かったと、心の底から感じたので、皆様に共有したいと思います。

 

 

※身体は個人差が大きいので、自己責任でお願いいたします。

あくまでもLimoの1サンプルに過ぎない話です。

 

Limoが購入した月経カップ

いろいろ悩んだ結果、Limoが一番最初に購入したのはこちら。

月経カップ メルーナ 取り出しやすいリング型

Amazonで購入。

1日で届きました。

メルーナはドイツの会社です。

 

月経カップには、

いろんな会社といろんな種類がありますが、

なぜ

【メルーナ月経カップ】 取り出しやすいリング型・クラシック・Mサイズ

 

にしたのか?

は別の記事にまとめたいと思います。

 

月経カップを手にした1番の感想

想像より

『大っきい』

『硬い』

『これはコツと慣れが必要そう

いろいろ覚悟が必要でした。

 

いざ、挑戦!

 

月経カップ挿入のコツ

もともと、説明書などをしっかり読むことを億劫がる性質のLimo。

説明書にさらっと、目を通して、早速、生理3日目の腟に入れてみることに。

(後からよくよく説明書を読んだら、煮沸してから、挿入するように書いてありました。笑)

説明書はしっかり読んでから使いましょうデスね。(汗)

 

 

口コミでも、慣れとコツが必要だと散々書いてあったので、

かなり覚悟していたのですが、

あら、びっくり。

1回で難なく入りました。

 

そのコツをお伝えします。

✔︎ 月経カップの織り方を工夫する

✔︎ 小陰唇をしっかり開く

✔︎ 息を吐きながら、ゆっくり

詳しく説明します。

 

✔︎ 月経カップの織り方を工夫する

Limoの場合は、ハーフダイヤモンド折りが一番挿入しやすかったです。

理由は、先が細くなるってことです。

他のたたみ方

(Cフォールド・パンチダウンフォールド・Sフォールドなど)

は先が細くならないので、難易度が上がりました。

 

✔︎ 小陰唇をしっかり開く

折りたたんだ月経カップと逆の手で、小陰唇をしっかりと開いて抑えてください。

Limoは最初にこれをしないで、無理に入れようとして、つまずきました。

小陰唇が巻き込まれると、痛いですし、かなり挿入しにくくなります。

 

✔︎ 息を吐きながら、ゆっくり

あとは、そのまま息を吐きながら、ゆっくり中に進める。

あら不思議。

想像よりも簡単に腟の中に入りました。

 

その後、奥に進めて、少し入り口の方に戻す。

と、腟の中で、折りたたんだ月経カップが開く

と説明書に書いてありました。

 

膣内のことなので、目で確かめることはできませんがね。

違和感が全くないと言ったら、嘘になりますが、

個人的にはタンポンの違和感より軽い感覚です。

 

月経カップ取り出しのコツ

さて、月経カップのもう一つの壁は取り出しです。

✔︎腟で月経カップを押し出す。

✔︎ステムを確保して、月経カップを指で押しつぶす。

✔︎小陰唇の手前付近は、月経カップをしっかり押しつぶす。

詳しく説明します。

✔︎腟で月経カップを押し出す。

これは個人差があると思いますが、
腟の奥の方に入ってしまった月経カップを指だけで取り出そうとすると、なかなか苦労でした。
指と腟との共同作業が大切だと分かりました。
イメージは、
指+腟の筋力で月経カップ押し出す
そうすると、スムーズに月経カップまで指が届きます。

✔︎ステムを確保して、月経カップを指で押しつぶす。

ステム(月経カップのしっぽ)を抑えつつ。
次は月経カップを押し潰します。
ステムがしっかりした作りの月経カップであれば、ステムを引っ張っても大丈夫でした。
しかし、ステムを引っ張るだけで、取り出そうとすると、痛い場合があります。

 

✔︎小陰唇の手前付近は、月経カップをしっかり押しつぶす。

特に出口付近、小陰唇の手前は月経カップをしっかりと押し潰さないで、
月経カップを抜き取ろうとすると、痛い目に遭います。
実際、Limoは痛い思いをしました。
これは、月経カップの柔らかさの違いもあると思います。
少なからず、
をLimoが使った場合はそうでした。
しっかり、月経カップを押し潰してから、取り出しましょう。
ただ、経血が多い日だと、あまり月経カップを押しつぶすと、経血が漏れてしまう気もします。
このあたりはまたレポートしたいと思います。

まとめ

Limoが1回目の月経カップを使ったコツをまとめます。

✔︎ 月経カップの織り方を工夫する

✔︎ 小陰唇をしっかり開く

✔︎ 息を吐きながら、ゆっくり

 

✔︎腟で月経カップを押し出す。

✔︎ステムを確保して、月経カップを指で押しつぶす。

✔︎小陰唇の手前付近は、月経カップをしっかり押しつぶす。

噂通り、月経カップは慣れとコツが必要です。

そして、使い捨てのナプキンやタンポンに比べると、洗浄などのメンテナンスは必要です。

 

しかし、もし自分が月経カップを使えるようになれば、間違いなく生理の経血の憂鬱さが激減します。

女子なら試さなければ、損レベルだと感じます。

 

ぜひ、思い切ってチャレンジしてみてください。

※身体は個人差が大きいので、自己責任でお願いいたします。

 

Limo

最新情報をチェックしよう!