自分らしい薄メイクのすすめ。自分軸をしっかり持とう。

こんにちは。元看護師でヘアメイクのLimoです。

男女問わず、見た目が美しい方が世の中、得しますよね。

もちろん見た目だけではなく、人間性も重要ですが、

日常のヘアメイクで大切なの

バランス感覚

TPO

自己表現

です。

実はプロのヘアメイクのLimoはいつも薄メイクです。

なぜ自分らしい薄メイクをすすめているのか?まとめました。

薄メイクをすすめる理由

メイクの有害性

残念ながら、市販されている多くの化粧品にはお肌に有害な化学物質が配合されている場合があります。(合成界面活性剤、防腐剤、着色料、香料、合成ポリマーなどなど、)

無添加コスメを謳っている商品も例外でなかったりもします。

肌トラブルが改善しないのは、お使いの化粧品の場合もあるので、一度しっかりと見直すことが大切です。

人生の時間は限られている。

毎日のメイクやメイク直し、メイク落としの時間。

短く見積もっても、1日約30分、

1年に換算すると、182時間以上をメイクの時間に使っていることになります。

メイクをする目的が明確ある。メイクが好き。

そんな方は何時間でも使ったら良いと思います。

ですが、なんとなくメイクをしている方にとって、

年間182時間以上、メイクに時間をかけるのは、単純にもったいなくないですか?

持ち物が少なくて済む

日々の持ち物が少なくなると、非常に楽です。

整理整頓も手軽にむみます。

旅行の時には特に、荷物の重さもガラッと変わってきます。

少数精鋭、スッキリします。

本当に必要なスキンケア、メイク用品の見直し

今使っているスキンケア、メイク用品、

本当に全部必要ですか?

メイク(下地、ファンデーション、アイシャドウ、アイライナー、ビューラー、マスカラ、アイブロウ、チーク、ハイライト、ローライト、粉、口紅、場合によってはシーラー)、
化粧落とし、化粧水、乳液、美容液、クリーム、マッサージ、パック、などなど

振り返ると、いろいろ使ってます。

不必要なメイクは極力しない方向に考え方をシフトして、

より肌に負担のかからない自分らしいスキンケアとメイク方法を見つけるのも大切です。

自分軸をもつ。

大人の女性がメイクしないのは非常識。みっともない?

誰がその常識を決めたのでしょうか?

Limoは

しっかりフルメイクであろうが、薄メイクであろうが、

はたまたノーメイクであろうが、

TPOに合わせた身なりであれば、非常識ではないと思います。

自分の価値観をしっかり持って下さい。

誰かがつくった価値観や常識に振り回されていると、本当の自分を見失います。

そして、今日は薄メイクでいいのか?フルメイクの日なのか?

しっかり見極めて、

いろんな自分を大切にして、どんな自分も好きになれると良いですね。

まとめ

Limoが自分らしい薄メイクをお勧めする理由は

メイクの有害性を減らせる。

時間の有効活用。

荷物が軽い。

自分軸を持てる。

です。

自分らしいスキンケアやメイクにたどりつくと、等身大の自分を好きになり、人生の幸福度が上がります。

この自由で満ち足りた感覚を一人でも多くのメイクに悩んでいる方に、お伝えしたい!

私Limoは徐々に日々のメイクを減らして、

現在は眉毛以外はスッピンという、自分らしい薄メイクにたどりつきました。

こだわりを手放せば誰にでもできるので、その具体的な方法も今後お伝えしていきます。

Advertisements
最新情報をチェックしよう!