【自分の夢を叶えたいのであれば、誰かの夢をお手伝いしよう!】夢の中の住人を表現したLimoPiece010 “P.L.I.D”

こんにちは。

ヘアメイクで現代アーティストのLimoです。

『どうして仮面作品を作るようになったのか?』

って、よく聞かれるのですが、

『気づいたら仮面を作っていました。』

が私なりの答えでした。

でも、本当はいろんな経験やきっかけが混ざり合って、今の自分らしい活動に繋がっているんです。

今回はその一つのキッカケになったマスク作品

『LimoPiece010 “P.L.I.D”』の話です。

LimoPiece010 “P.L.I.D”は
ヘッドピース作家であるLimoが

『友人の夢を叶えるために作ったマスク作品シリーズ』の1つです。

この作品を作るキッカケ・材料・作り方・名前の由来、撮影、その後の展開などをまとめました。

 

LimoPiece010 “P.L.I.D”を作る事になったキッカケ

画像9

Limoはヘアメイクとして、3年間、ロサンジェルスの住んでいました。

その時に、アメリカで活躍しているプロのダンサーとお友達になり、公私共によく助け合っていました。

日本に帰ってきてからも、その友人とは、連絡を取り合っていました。

ある日、その友人から、

『オリジナルの仮面を作ってくれないか?』

と頼まれました。

よく話を聞いてみると、

画像10

『今まではショウビジネスに身を置いてきた自分だけど、本当に踊りたいのはそれではなかったと、やっと気づけたの。これからは自分の中にあるダンスを踊ろうと思う。その時に、仮面をつけて踊りたいとイメージしてる。』

その仮面を作って欲しいとのこと。

彼女は新しい自分を見つけたんだと、感じました。

彼女の夢の応援をしようと思いました。

LimoPiece010 “P.L.I.D”の材料と作り方

彼女のイメージの仮面を聞いたところ、ほとんど顔が隠れているタイプの仮面でした。

まずはモノトーンの作品を作ってから、同じ方法でカラフルな作品を展開して、合計7作品を作りました。

画像1

画像2

このLimoPiece010 “P.L.I.D”もその一つです。

材料:

ワイヤー、チュール、古着

作り方:

①ワイヤーで好きな仮面の形を作ります。

②ワイヤーの仮面のベースにチュールを貼っていく。

③細かく切った様々な古着をグルーガンでチュールにつけていく。

特に難しい作業はありませんが、細かく切った古着を組み合わせていくので、思った以上に時間がかかります。

1つの作品の完成までには、3日くらいはかかります。

LimoPiece010 “P.L.I.D”の名前の由来

画像11

“P.L.I.D”は

People Living In Dream (夢に住む人々)

の頭文字を取りました。

ずっとミュージックビジネスのバックダンサーとして活躍していた彼女が

誰かから与えられたダンスではなく、自分のダンスを踊るという新しい夢を見つけ、私の作ったマスクを纏って、その夢の世界を表現できる日が来るとの気持ちで命名しています。

LimoPiece010 “P.L.I.D”の撮影

LimoPiece010 “P.L.I.D”はLimoのお気に入りのマスク作品の1つなので、2回くらい、撮影しています。

画像3

女性モデルで撮影。

画像4

男性モデルで撮影。

どちらの撮影も、

別の作品撮りの最後に仲間に頼んで撮影してもらっています。

 

作品撮りというのは、

クリエイターたちが仲間を募って、今後の仕事のためだったり、好きなテイストの作品を作ったりする撮影のことです。(テストシュートとも言います)

 

作品撮りをしようとフォトグラファーとモデルさんとスタイリストの間で話が持ち上がった時に、ヘアメイクさんがいなかったそうです。

私はスタイリストさんから

『テストシュートのヘアメイクをお願いできないか?』

と、頼まれました。

その当時、Limoは子育てと仕事の両立のまっただ中で、ヘアメイクのテストシュートをしている余裕は、それほどありませんでした。

しかし、未来に何が待っているのか?誰にも分かりません。

無理のない範囲で、誰かの頼みはどんどん引き受けた方が、断然良いです。

娘を実家に預けて、ボランティアでテストシュートに参加しました。

自分に時間がない時・まだ経験値が低い時などに、テストシュートの企画を自分から起こすのは、とても大変です。

誰かが企画してくれたテストシュートの話は、神からのプレゼントだと感謝してください。

もともとはマスク作品のテストシュートではありませんでしたが、マスク作品を作っている話してみたら、快く撮影してもらえました。

この作品で、

『男女のモデルの違い・マスクの付け方でどんな風にイメージが変化するのか?』

などの有意義な実験もできました。

画像5

画像6

自分の夢を叶えたいのであれば、まずは誰かの夢のお手伝いや頼み事を、前向きに引き受けましょう。

そんなお誘いがあったら、絶好のチャンスだと思ってください。

自分の利益しか考えていない人に、成功や幸せはやってきません。

人間社会、『持ちつ持たれつ』で成り立っています。

こうやってできた作品作りの仲間は、人生の宝です。

心から感謝。

画像7

フォトグラファー:西澤 崇
モデル:Hideki Asahina

 

画像8

フォトグラファー 中島 洋介
モデル 斉藤 アリス

ヘッドピースとヘアメイク

Limo (Makiko Molimoto) 現代アーティスト
ハリウッド帰りのヘアメイクアーティストであり、元手術室看護師というユニークな経歴を持つLimo。
鮮やかで透明な樹脂を組み合わせた独自の作品は、
不可思議でスタイリッシュであると同時に、生命の持つエネルギーを内包しているかのような躍動感と儚さが入り混じっている。
またデジタルやパフォーマーとの今までにない新しいコラボレーション作品を展開し活躍の場を国内外に広げている。
Limoウェブサイト
https://limopiece.com

Limo仮面インスタグラム
https://www.instagram.com/limopiece/

ツイッター

https://twitter.com/limopiece

 

最新情報をチェックしよう!